2009年06月28日

風邪で目やにがでる

風邪で目やにがでる

風邪と目やに、一見関係なさそうですが、意外と関係あるというか、密接な関係にあるのですよ。鼻と目と耳はつながっているので、鼻水が出れば目やにも出やすくなりますし、中耳炎にもなりやすくなるのです。

例えば「咽頭結膜熱」といってアデノウイルスによる感染症の場合、咽頭炎・扁桃炎と結膜炎が同時におきます。また、「かぜ」による鼻炎がおきて、鼻の奥で細菌が増えると、涙の通路=鼻涙管を細菌が逆流して、結膜炎となることもよくあることです。

目やになかなか治まらないようであれば、薬局で抗生剤入りの点眼液を買うか、ひどければ眼科に行くと良いでしょう。

特にアデノウイルスの場合、流行性角結膜炎(はやりめ)という重症の結膜炎となることもありますので、注意が必要です。同居者がいる場合は、洗面道具やタオルは別にした方が良いでしょう。ウイルスは100度で5秒で死にますので、念のため、使ったタオルは煮沸消毒することをお勧めします。

アデノウイルスの場合、ウイルスの勢いが衰えるまで、症状は続き、大体2週間ほどかかります。感染力が極めて強いのがはやり目の特徴です。

また、風邪のウイルスが目に入っても、目やにが出たり目が痛かったりします。風邪のウイルスが目に入って炎症を起こし目やにがでる場合は、風邪が良くなるにつれ、目やにの症状も改善します
posted by 瞳 at 18:12| 風邪で目やにがでる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。