2010年05月29日

視力回復

視力回復


雑誌の特集で、視力回復の文字をよく見かけます。
「脅威の視力回復」「視力劇的アップ」などなど。

実は私30代の女性なのですが、高校位から視力が落ち、メガネをつくり、そのあとはずっとコンタクトレンズをしていました。

視力は裸眼で一番悪い時で、0.3くらいにまで落ちました。

乱視ももっているので、メガネやコンタクトなしでは、良く見えず、メガネが手放せない日々でした。

理系の大学院に行き、顕微鏡をのぞき、論文を読む毎日で、私の目はどんどん悪くなりました。

しかし、大学院を終え、時間に余裕ができ、沢山寝て、朝は早く起き、川原を犬と散歩するようになってから、劇的に視力が回復したのです。

今は、裸眼で1.0位にまで視力回復し、メガネもコンタクトも捨ててしまいました(笑)。

私の妹は、ド近眼で、0.1も無い位で、すごく日々の生活に不自由すると言っていました。

 でも、私は、視力が回復しました。

 個人差はあると思いますが、人によっては、一時的に目が悪くなるのかもしれないなって思います。

私は、視力回復に、特別なレーニンングをした訳でありません。

でも、思えば、ブルーベリーやプルーンなどのベリー系果物は大好きで、ドライフルーツを見つけては買ってきました。

また、ブドウジュースが大好きで、ゼリーは、絶対グレープ味が大人の味で好きで食べてました。

視力回復と関係あるかはわかりませんが、日常生活で、ベリー系の果物は良く食べていました。

 また、北海道生まれ、北海道育ちという事もあり、魚はよく食べます。

にしん、ほっけ、ツボ鯛(これは北海道ならではの魚かもしれません。白身で脂がのっていて、すっごく美味しいです。いつも干した開きを焼いて食べます)、鮭、カニ、エビなど海産物は沢山食べます。

これらも視力回復に繋がっているかもしれません。

大学院の頃まで、あまりにも忙しく、不規則な食生活でした。

でも、その後は、魚を中心とした、栄養のバランスのとれた食事を取るようになったので、それも視力回復に効果があったのかもしれません。

 あとは、とにかく、睡眠不足を無くすようにした事です。これが、一番、視力回復に効果があったと私は思います。睡眠不足を無くすという事は、目を休める時間を多くするという事です。そのため、目を酷使しても、長い時間休めます。

 もとも偏頭痛持ちという事もあり、あまり目を酷使すると、眼精疲労から頭痛や肩こりを誘発する事があり、そうなると、何もできなくなってしまうため、睡眠不足にぜず、ゆっくり目を休めるのが、一番、仕事の効率も良く、体も楽なのです。

 それで、ゆっくり目を休めるようになったので、視力回復したのかなって思います。

また、毎朝早くに起きて、犬と川原を散歩する事で、多くのマイナスイオンに囲まれ、また、緑の中を歩く事で、目がリフレッシュだれ、視力回復に繋がっていったのかなって思います。

 昔、20歳の頃に、はじめてコンタクトをつくって装着したとき、世界が変わってびっくりしたのを鮮明に覚えています。それまで、もやもやの世界で生きていたのですが、コンタクトをする事で、鮮明な明るいクリアな視界になったからです。
「木の葉って、こんなに緑で美しいんだ」って感動したのを今でも覚えています。

 でも、視力回復した今日では、毎朝の散歩で、視界がとてもクリアで、木の葉、花びらが全てクリアです。
 
今では、裸眼で散歩しながら、四つばのクローバーを見つけるのが特技というか趣味です。つまち、普通に歩きながらも、そこらへんに生えている、クローバーの葉の1枚1枚が鮮明に見えるのです。

 そうやって考えると、ずいぶん視力回復したなって、かんしんします。

なので、視力回復に興味のある人は、まず、沢山睡眠をとって、十分目を休ませるようにしてください。

 そして、緑を沢山みるようにしてください。

そしたら、目が喜び、リフレッシュされると思います。

あと、テレビ、新聞は明るい所で、テレビはあまり見ない事、パソコンも姿勢を良くしてやることなど、心がけるようにすると、視力回復につながると思います。


posted by 瞳 at 17:54| 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。