目やにが黄色い?

2009年01月08日

目やにの原因

   目やにの原因


 目やに(めやに:目脂)とは、目から出る分泌物であり、俗称は目糞(めくそ、目屎)・目垢(めあか)、医学用語としては眼脂(がんし)と呼ばれるものです。

 結膜や角膜上皮から分泌されているムチンを主成分とする粘液に、涙・血管から漏れた血液細胞・まぶたからの老廃物・ほこりなどが混じったものでできています。

 通常はまばたきによって涙とともに目頭の涙嚢に洗い流されているのですが、睡眠中にはこの作用がないため、起床時には健常者でも目頭や目尻に少量の乾いた目やにが付着していることがあります。

 このような目やには、目も体の他の部分と同じように代謝しているので、古くなった細胞を入れ替えているのです。つまり、朝起きたときに、目がしらや目じりにみられる少量の目やには、目の代謝活動でつくられる目やにです。

 しかし、目の炎症反応でも目やにはつくられます。

 細菌による感染が原因の場合、黄緑色でドロッとした膿状の目やにがでます。

 花粉症などのアレルギーが原因の場合は、涙のようにさらさらした水状の目やにが出ます。

 そして、ウイルスによる感染が原因の場合は、白くネバネバと糸を引いたような目やにが出ます。あまりにも目やにがひどい時は、眼科に行って診てもらいましょう。
posted by 瞳 at 08:14| 目やにの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。